花嫁の基礎知識 記事一覧

結婚式費用を節約方法のポイントは?

投稿日:

「結婚式を挙げることとなったけれど、どのくらいかかるものなの?」

「今後の新生活のためにも抑えるところは抑えたい!」

でも、結婚式にかかる費用を節約しすぎて質素な結婚式は嫌ですよね。

結婚式費用は抑えるポイントを知っているだけで、当初の想定よりも半分の予算で式を挙げられたということもあるんです。

そこでここでは、結婚式費用のどこを抑えればいいのか、『これさえ知れば安心なポイント』をご紹介していきます。

是非参考にしてみてくださいね。

 

みんなの結婚式の相場は?

結婚式の節約ポイントを知るためにはまず、そもそもどのくらい費用が必要になるのかを知りましょう!

  • 挙式、披露宴・披露パーティ総額は354.8万円で一昨年と比べてもほぼ変わりはありません。
  • 披露宴・披露パーティのゲスト人数は70.2人で、減少傾向。
  • 招待客1人あたりの挙式、披露宴・披露パーティ費用は6.4万円で、増加傾向。
  • 招待客1人あたりの料理+飲み物費用の合計は1万8500円で、増加傾向。

出典:「ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べ

 

もちろんゲストの人数によって、結婚式費用は変わってくるので、招待する人数はきちんとお互いに話し合いをしておくことが大切です。

また、結婚式にかかる費用を全て自己負担するとは限りません。

両親からの援助があったというカップルは半数以上との結果も。

出席されたゲストからのご祝儀をいただくのであれば、それらから費用を賄うということも可能です。

それでも最終的に新郎新婦が支払った額は最低でも50万~150万くらい支払ったというカップルも中に入るようです。

一定の目安は二人の中で共通の認識として捉えておくことが大切ですね。

結婚式などでにかかる費用をどのように負担するのか、事前に話し合っておきましょう。

 

貯金が0でも結婚式ができる!ハナユメのお得なプランとは?

 

日にちを変更して費用を抑える!

それでは、具体的に費用を抑えるポイントを見ていきましょう。

まず式をいつ頃挙げるのかということを考えなければなりません。

結婚式にも人気のシーズンがあり、5~6月、10~11月は比較的気候が安定しているため式が集中する時期なのです。

自ずとこの時期は費用も高めに設定されている場合があります。

真夏の8月、寒くなった12月~2月は人気が低くなる時期です。

ガーデンウェディングなどには向きませんが、そういった希望がなければ比較的費用を抑えて挙げることができます。

この時期は通常よりも数万円~数十万ほどの割引や、他のサービスを不随してくれる式場もあるんですよ。

ただ、人気の低い時期でも、特に大安や友引は人気が集中しがちです。

お日柄を気にしないのであれば、それを避けるだけでも費用を大きく抑えられます!

というのも、やはり仏滅などを避けるカップルが多いため、多くの会場で仏滅割などを設けているのです。

ゲストの中にはお日柄を気にする方もいらっしゃいます。

二人だけで決める前に、出席予定の親族や近しい人にも確認しましょう。

また平日休みのお仕事をされている方や、少人数の式を考えていて調整がしやすそうなら、平日挙式も候補に入れてみてはいかがでしょうか?

こちらも式場によって平日割引きを設けている場合があります。

観光地で神前式をしたいと考えるカップルもいるかと思いますが、土日は観光客も多く、他人の目が気になることも…。

平日なら観光客も少なく、人目を気にせず静かな雰囲気で挙げることができますよ。

 

アイテムは手作りで節約!

結婚式の準備が始まると様々なアイテムが必要になってくることが分かるかと思います。

会場を彩る花、ウェルカムボード、一人一人の席に用意される席札、席次表、メニュー表などなど。

演出など、思い出に残る大切な式だからこそお金をかけたいところですよね。

ただ、招待状の宛名筆耕なども一枚当たり200円~と些細なことにもお金はかかってきます。

手間かもしれませんが、ペーパーアイテムは自分たちで作るのはおすすめですよ!

二人のこだわりや思いを感じる結婚式にもなりますよ。

手芸などが得意な花嫁さんであれば、ブーケやリングフォルダーも自分で作ってみても良いかもしれません。

ブーケは生花を使うこともできますが、例えば造花などを使用すればその後も残るアイテムになります。

リングフォルダーやドレスヘッドなども、あらかじめキットとして販売しているものもあります。

一度、手芸店を覗いてみるのも良いですね。二人の動画なども自分たちで撮影するのも面白いですよ。

簡単に撮影できるアプリなどもあるので、それらを利用すればあっという間に動画がオリジナルムービーが撮れます。

また、ドレスやアクセサリーなども自分で用意すると安く抑えられることがあります。

型落ちしたドレスなどを取り扱っているお店もあり、式場で借りるより安く済むこともあります。

ただ、式場によっては持ち込み料が必要になることもあります!

あらかじめプランナーさんに確認することが肝心です。

 

まとめ

結婚式の準備が進み、予定していた費用よりもどんどん高くなるということも十分あります。

後悔しないためにも、こだわりたい部分とそうでない部分をお互いに話し合うことが大切です。

節約するところは節約して、素敵な結婚式を挙げましょう!

-花嫁の基礎知識, 記事一覧

Copyright© ブライダルジャーニー神戸 , 2019 AllRights Reserved.