花嫁の基礎知識

【失敗談から学ぶ】結婚式で後悔しないための式場選び

投稿日:

一生に1度の結婚式。式場選びは思い出に残るものがいいと思いますよね。

その式場何で選んでますか?比較的低予算で挙げられる、一目惚れしてここがいいと思ったなど選ぶ理由は様々です。

ですがそこだけに執着してせっかくの思い出がうまくいかなった、こんなはずじゃなかったのになどと後悔しないような式場選びのポイントをいくつか紹介していきます。

まずは式場選びの失敗をなくすためにする事は結婚式の雑誌などだけで判断しないことです。

費用はもちろんゲストの待合スペースやそこまでの交通手段などわかりません。

今はInstagramなどのSNSで自分たちの結婚式の様子をアップしています。

ハナユメゼクシィネットマイナビウエディングなどの結婚式の情報サイトを参考にまとめるのが失敗しない式場選びのコツになります。

 

なぜそれがで失敗しない式場が選べるかとうと某結婚雑誌などに華やかな写真がたくさん載っていて自分もこんな式を挙げたいと思いそれだけで決めてしまうとまず膨大な費用がかかってきます。

Instagramなどをみるとどんな感じの式場で部屋の広さなどもある程度わかってきます。

実際その式場で行った人のリアルな口コミや雰囲気を見るとイメージがつきやすいです。

マイナビウエディングは無限に写真をあげているので本物の結婚式の様子などがわかりやすくパノラマカメラがあり360℃どのような館内なのか把握する事もできます。

式場を選ぶ前にウエディングフェアなどに行くのもひとつです。

それを踏まえて式場選びのポイントをいくつか挙げていきます。

 

1、2人の希望を話してから式場選びをする

結婚式となると新郎、新婦の友人を招待すると思います。

ある程度の人数を把握しておき式を挙げたい時期やエリアなどをお互いが話してから行くことて希望がわかりやすくなり見学するときに喧嘩になってしまったというような事も防ぐ事ができます。またエリアを決めておくことでそこに重点をおいて選ぶ事ができ自分たちの希望からズレない事が大事です。

またゲストの待合スペースなども候補に入れておくのも大事です。そしてどのような挙式、披露宴スタイルにするかによっても式場が変わってきます。

キリスト教式や神前式、人前式と3つあります。それぞれによって衣装やモダンな感じクラシックな感じとパターンが異なるためイメージカラーなども決めておくといいです。、

 

2、チェックポイントと親やゲスト目線をまとめる

チェックポイントというのは料理の味付けやどんなものがでるか、ドレスの種類や持ち込みはいけるのか、最寄り駅からのアクセスの仕方などです。

2人の希望にさらなるチェックポイントを踏まえることで後悔のない式場選びができます。

見た目だけで判断してしまって結局ドレスの種類が少なくて自分の着たいものがなかったとならないようしっかり見ておきましょう。

最寄り駅からのアクセスはとても大事で場所が悪いと行くだけで疲れてしまいます。

もちろん駅からバスなどの送迎などもありますがそこもしっかり確認しておかなければなりません。

そして自分たちの事ばかり考えずにゲストや親族の事も考えなければなりません。遠方から来る方なら荷物が多いかもしれません。

そういう時に荷物は預かって貰えるのか?

更衣室などの広さはあるのかなども確認しておかなければなりませんし食材のアレルギーがある人もいるので別の物に変えてもらえるかや、親族の中には高齢の方もいるかもしれませんのでバリアフリーは対応しているか、両家親族の控え室は各1つづつあるのかその広さなど自分たちがゲスト、親族側にたってチェックポイントを確認しておくのも失敗しないポイントになってきます。

 

3、ドレス、料理、ドリンクなどの細かなものまで見積もりをとってもう

式場選びの失敗でも多い見積もり。大まかな所だけ見積もりをとってもらって後々細かな所を付け足していって費用が高くなったとならないように見学の段階で細かく見積もりをとってもらうのは非常に大事です。

例えばドレスなんかは色や形により金額が跳ね上がります。初めの見積もりの金額は低価格になっている場合がありそれがどのようなドレスなのかわかりません。初めに聞いておくのがベストです。ドレスだけではなくアクセサリーやティアラ、新郎のタキシードなども確認しておきましょう。

料理やドリンクは種類や量で品数がどれぐらいで金額の幅がどれほどあるかなどです。

高砂やその他テーブルに置く花もボリュームや種類により金額が変わってきます。結婚式で必ずといっていいほど上映されるスクリーンを使ったビデオなんかは1つ1つの価格が大きいのでそれも見積もりにいれてもらうと後々高額になる事を防ぐ事ができます。

 

4、ゲストの人数から結婚式の予算を決める

結婚式で友人などから頂く額は大体3万円を目処に親族中心で招待するのか友人中心にするかも考えなければなりません。

最近はアットホームな雰囲気になるように職場の人は呼ばないというのもありますがまずは主賓、来賓などを選びその後に絶対出席して欲しい人とできれば出席してほしい人などある程度分けておき人数がたりないようならできれば出席してほしい人から数人出すようにするとスムーズにゲストからの金額と人数を把握できるようになります。

 

5、ブライダルフェアは絶対行くべき

結婚が決まると引越しなどでバタバタするためブライダルフェアに行く時間がなくなってしまうため雑誌を見ただけ、インターネットで見てそのまま決めてしまうのは後悔します。

忙しくても実際にブライダルフェアに行くことで雰囲気もわかりますし模擬挙式や披露宴など体験できるので実際のイメージが湧きやすいです。

もちろんその時に自分たちだけなくゲストの気持ちにもなって下見することも喜ばれる秘訣になります。

 

まとめ

以上失敗しない式場選びのポイントになります。

夢が膨らむ結婚式で後悔しないような式場を選ぶには雑誌の情報やネットの式場情報だけを頼りにせずSNSなどでリアルな部分を見る事がよりイメージに近づきます。

ブライダルフェアに行った時は予算や細かな見積もりをとってもらうのでそれまでにチェックポイントだけはまとめて置いてください。

1度きりの結婚式なので式場を選ぶ前にエリアやドレス、どのような式にしたいかなど希望を2人で決めてから選ぶようにしましょう。

-花嫁の基礎知識

Copyright© ブライダルジャーニー神戸 , 2019 AllRights Reserved.